タグ: 利益相反

相続人に未成年者がいるときは特別代理人を選任します

特別代理人の選任をせずに、親権者が未成年に代わって遺産分割協議を行うと、無権代理行為に該当します。 無権代理行為が認められると、その遺産分割協議は未成年者が成人後に協議の内容を追認しない限り無効となります。

遺産分割は相続人同士の話合いで決定されます。
しかし、相続人が未成年者である場合、その未成年者は遺産分割協議に
直接参加することはできません。
“相続人に未成年者がいるときは特別代理人を選任します” の詳細は »