期限があるものは忘れずにしよう。

何事もそうですが期限を気をつけるように、
手続きを進めていきましょう。

相続においても期限があるものと、
比較的ゆっくりでも大丈夫なものとがあります。

期限があるものとして有名なのが、
相続税の申告期限かと思います。
お亡くなりになったことを知った日の翌日から、
10ヶ月です。

同じく税務の事では、
準確定申告があげられます。
こちらはお亡くなりになったことを知った日の翌日から、
4ヶ月です。

期限があるとやらねば、
と思う方が多いのですが、
該当しない方は何もしなくて大丈夫です。

相続税であれば基礎控除額を下回っていれば、
申告の必要すらありません。
しかし、申告する事により使えるルールもあるので要注意です。

準確定申告も必ずしも全員が必要ではありません。
また、納めすぎた税金を還付しててもらう申告の場合には、
4ヶ月過ぎても還付申告が出来ます。

そして不動産の相続登記や銀行解約などは、
多少時間が空いてしまっても手続き可能です。
ただ放置しすぎてよい事は無いので、
気をつけましょう。

«
 

トラックバック URL