遺言の種類はいくつか種類があります

最近は自分の最後の意思を伝える手段として、
遺言を残そうとお考えになる方も増えてきているように感じます。

その遺言にも種類がいくつかあります。
今回は危急時の遺言ではなく、そのほかのときの遺言の種類についてです。

3つ種類があります。

まずは自筆証書遺言というものです。
こちらは自分で書くことにより、遺言を残す方法です。
法定の様式を具備していればよく、わりと簡単に残すことができます。
具体的にはすべて、自書によること。署名・捺印があること。
書いた日時が特定できることです。

しかし、書き方に問題があると自分の考えていた通りに結果がならない場合があります。
ことばの解釈のちがいなどで、紛争になることもありえます。

2つ目の公正証書遺言であれば、おおむね自分の意思をきちんとかなえる事ができます。
公証役場で作成しなければならなかったり、証人が必要であったり、費用もかかりますが、
自筆証書遺言のデメリットは少なくする事ができます。

その他にも秘密証書遺言というものがあります。

税金と相続の関係で頼れる存在だ
2015年から相続税が大幅に上がりました。いくらの額を納めるのか気になったら、
川崎には相続手続支援センターがあります。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

«
»
 

トラックバック URL