相続人に未成年者がいるときは特別代理人を選任します

遺産分割は相続人同士の話合いで決定されます。
しかし、相続人が未成年者である場合、その未成年者は遺産分割協議に
直接参加することはできません。

このようなとき、その未成年者の親権者が法定代理人として遺産分割協議に
参加することになります。
ただし、その親権者自身も相続人である場合には、法定代理人となること
ができません。

たとえば、相続人が配偶者である母親と未成年のこども1人の場合、
母親が母親自身の利益と、こどもの利益の両方を自由にきめることが
できてしまう、利益相反の状態になるからです。

このようなケースでは、親権者が申立人になって、家庭裁判所に特別代理人の
選任の申立をする必要があります。
申立をすると、家庭裁判所の審判によって当別代理人が選任されます。
この特別代理人が未成年者にかわって遺産分割協議に参加し、遺産分割協議書に
署名押印することになります。

特別代理人には、その未成年者と利害関係がない成人がなれます。
それ以外は特に資格は必要ないので(相続人ではない)親戚や友人はもちろんこと、
弁護士や税理士といった相続の専門家を特別代理人にすることもできます。

«
 

トラックバック URL