カテゴリー: 不安にならないための相続の知識を得る。

相続人に未成年者がいるときは特別代理人を選任します

特別代理人の選任をせずに、親権者が未成年に代わって遺産分割協議を行うと、無権代理行為に該当します。 無権代理行為が認められると、その遺産分割協議は未成年者が成人後に協議の内容を追認しない限り無効となります。

遺産分割は相続人同士の話合いで決定されます。
しかし、相続人が未成年者である場合、その未成年者は遺産分割協議に
直接参加することはできません。
“相続人に未成年者がいるときは特別代理人を選任します” の詳細は »

遺言を書く方々が増えてきました

流れにすべてをゆだねる以外の方法が、遺言を残すということでしょう。

最近は相続関係のことがタブー視されなくなってきています。
相続税の基礎控除額が変わったり、相続にまつわる問題なども頻繁にとりあげられています。
そのようなこともあり、真剣に相続というものを考える方が多くなっています。


“遺言を書く方々が増えてきました” の詳細は »

もうすぐ子供の日です。兜を出しました。

一日一日があっという間に過ぎていきます。もうすぐ端午の節句です。

5月5日はこどもの日です。
我が家でも準備をしました。
かぶとを出して、こいのぼりも出し、飾りました。


“もうすぐ子供の日です。兜を出しました。” の詳細は »

保険の取り扱いについて気をつける

お亡くなりの方が保険をかけられていたときには、様々な部分の確認が必要です。

生命保険金や入院保険金の取り扱いに関して、気をつけなければ行けないことがあります。
相続税の申告を行うときには特に必要かと思われます。


“保険の取り扱いについて気をつける” の詳細は »

財産を受け継いでいくときの手続き

待っていれば自分に名義が変わる訳ではありません。それぞれに手続があります。

故人の財産を引き継ぐときにはどのような事が必要なのでしょうか?
一番最初に取り組むべき事は何になるのでしょうか?


“財産を受け継いでいくときの手続き” の詳細は »

相続する人たちで問題が起きそうなとき

関係が複雑になってくると、相続人同士で話し合う事すら難しい場合があります。

残されたご相続人同士、何も問題なく相続手続きが進めば良いですが、
そうではない場合も多々有ります。
その場合の善後策として遺言を残す事をおすすめいたします。


“相続する人たちで問題が起きそうなとき” の詳細は »

来年から控除の金額が変更になります

基礎控除額が変更になります。困ったときには一度税理士にご相談を。

2015年から相続税の基礎控除額が変わります。
今までより4割も減ってしまいます。


“来年から控除の金額が変更になります” の詳細は »

相続する人が誰になるかを調べる

第三順位の方に相続権が有る場合には、相続手続きが複雑になる事も想定されます。

お亡くなりになられた方に財産があれば、
それを誰が受け継ぐことが出来るのか調査する必要があります。


“相続する人が誰になるかを調べる” の詳細は »

借金がある場合にはどうすれば良いか

残された人たちにとり、何が最良の結果になるのかをお手伝いします

プラスの財産だけではなく、マイナスの財産、
すなわち負債が多く残っていた場合にはどうすれば
良いのでしょうか?


“借金がある場合にはどうすれば良いか” の詳細は »

何が良いかたちになるのかを考える

不動産の相続については、答えの出し方はさまざまかもしれません。

不動産を相続するにあたり、どのような分割方法が
後々の事を考えると良いのでしょうか?
“何が良いかたちになるのかを考える” の詳細は »

« 過去の記事