誰が相続する権利を持つのか調べる

相続手続きを行うにあたり、一般的には戸籍類が必要です。
お亡くなりになられた方の出生からお亡くなりまでの連続した戸籍類です。

これらの戸籍類をなぜ集めるのでしょうか。
その理由は相続人を特定するために戸籍を集めます。

一緒に生活をしていれば、この人が相続人とわかるかも知れません。
しかし、それだけでは亡くなった人の財産を相続できません。
その人が権利を承継できるという証明にはならないからです。

それなのでわかりきっていたとしても、上記の戸籍類を集めていく作業が必要になります。
そして相続する権利をもつ人が、この人(達)という証明をするのです。

もし、亡くなられた方の記載を読み解き、他に権利をお持ちの人もいれば、
その人も含めた上で遺産を分割する協議が必要になろうかと思います。

遺産分割協議は相続人全員で行わなければ無効です。
その確認をきちんとしたうえで話し合いをする必要があります。

また、遺言が有る場合、状況が変わることがあります。

登記の仕方で相続人に不利益が生じる事もある
固定資産税を課す上での評価額を元に、登録免許税を計算します。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/registration

«
»