相続人に未成年者がいるときは特別代理人を選任します

特別代理人の選任をせずに、親権者が未成年に代わって遺産分割協議を行うと、無権代理行為に該当します。 無権代理行為が認められると、その遺産分割協議は未成年者が成人後に協議の内容を追認しない限り無効となります。

遺産分割は相続人同士の話合いで決定されます。
しかし、相続人が未成年者である場合、その未成年者は遺産分割協議に
直接参加することはできません。
“相続人に未成年者がいるときは特別代理人を選任します” の詳細は »

期限があるものは忘れずにしよう。

整理整頓しながら進めていくことが、手続きのコツかと思います。

何事もそうですが期限を気をつけるように、
手続きを進めていきましょう。

“期限があるものは忘れずにしよう。” の詳細は »

もう夏のような暑さになってきました

5月なのに夏のような雰囲気です。昔と今で、変化したものは多いです。

いまは5月の中旬です。
それにも係わらず、台風が発生したり気温が30度近くになったりしてます。
もう夏の雰囲気ですね。


“もう夏のような暑さになってきました” の詳細は »

遺言を書く方々が増えてきました

流れにすべてをゆだねる以外の方法が、遺言を残すということでしょう。

最近は相続関係のことがタブー視されなくなってきています。
相続税の基礎控除額が変わったり、相続にまつわる問題なども頻繁にとりあげられています。
そのようなこともあり、真剣に相続というものを考える方が多くなっています。


“遺言を書く方々が増えてきました” の詳細は »

もうすぐ子供の日です。兜を出しました。

一日一日があっという間に過ぎていきます。もうすぐ端午の節句です。

5月5日はこどもの日です。
我が家でも準備をしました。
かぶとを出して、こいのぼりも出し、飾りました。


“もうすぐ子供の日です。兜を出しました。” の詳細は »

子供3人つれて東京まで行きました

一念発起し、遠方まで遊びに行きました。貴重な時間を過ごす事ができました。

4月の初めにわたしに平日のお休みがありました。
長女も春休みでした。
そしてわたしが休みということで、長男も次女も保育園をお休みです。


“子供3人つれて東京まで行きました” の詳細は »

遺言の種類はいくつか種類があります

遺言にも種類がいくつかあります。それぞれ良い部分と悪い部分がありますね。

最近は自分の最後の意思を伝える手段として、
遺言を残そうとお考えになる方も増えてきているように感じます。


“遺言の種類はいくつか種類があります” の詳細は »

三月はかわいい娘の誕生日ですよ。

子供の成長ははやいものです。気づけばもうこんなに大きくなりました。

2008年に生まれた長女が昨日7歳になりました。
生まれてきてくれた時のことを思い出します。


“三月はかわいい娘の誕生日ですよ。” の詳細は »

辛いカレーを食べる事ができました。

おとなの味に近づける為の工夫が成功しました。参考にしてみてください。

我が家のカレーは甘口です。
慣れてはいるものの、やっぱり辛いカレーのほうが好きです。
妻も同じ考えを持っていました。


“辛いカレーを食べる事ができました。” の詳細は »

誰が相続する権利を持つのか調べる

連続した戸籍類を集める事により、ご相続人が誰であるかを特定します。

相続手続きを行うにあたり、一般的には戸籍類が必要です。
お亡くなりになられた方の出生からお亡くなりまでの連続した戸籍類です。


“誰が相続する権利を持つのか調べる” の詳細は »

« 過去の記事